*** 野球 ***

*** ルール ***

つのチームが攻撃と守備を交互に繰り返して勝敗を競う。ルールは公認野球規則に基づいている。

試合形式
攻撃側は、相手チームの投手が投げたボールを打って、一塁・二塁・三塁の順に走り、本塁まで到達することで得点を得る。守備側は相手チームの走者が本塁に到達しないように走者をアウトにする。相手チームの選手を3人アウトにできれば、攻撃に移ることができる。攻撃と守備の一巡はイニングと呼ばれる。1ゲームは9イニングからなり[1]、得点の合計が多いチームが勝者となる。両者の得点が等しい場合は、延長戦を行う、引き分けとするなどルール体系によって対応が分かれる。

ゲームの目的は「勝つこと」であり、公認野球規則1.02 に明示されている;

「各チームは、相手チームより多くの得点を記録して、勝つことを目的とする。」

規則書に勝敗の判定方法は書かれていても、「勝つことを目的とする」と明示する競技は少ない。これが野球ルールの際立った特徴の一つでもある。

チーム編成
1チームは選手9人(指名打者制を採る場合は10人)と監督、コーチなどで編成される。試合にはそれ以外にも控え選手がおり、プロ野球では16人、高校野球では9人まで控えとして途中からの試合出場ができる。しかし、一度交代した選手はその試合中は再び試合に出ることはできない。ただし、交代せずにポジションを変えることは可能である。

*** 野球 ***

ルール 用具 グラウンド

野球が変化して生まれたものとして、フィンランドを中心に行われているペサパッロ(フィンランド野球)やソフトボールがある。特にソフトボールは女性や子供、高齢者にも楽しめるような競技として広まった。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample