*** サッカー ***

*** 用語 ***

ポジション
大きく分けて次の4つのポジションがある。

ゴールキーパー (GK) : ゴールを守る選手。唯一ペナルティエリア内で手でボールを扱うことができる。ペナルティエリアを出てボールを扱うこともできるが、その場合は他のプレーヤー同様、手の使用は禁じられる。GKに対し、それ以外の選手を総称してフィールドプレーヤー(FP)という。
ディフェンダー (DF) : 主に後方で守備を行う選手。
ミッドフィールダー (MF) : 主に中盤で守備と攻撃とをつなぐ選手。
フォワード (FW) : 主に前線で攻撃を行う選手。
その他

ボランチ:中盤の底に位置し、攻撃の起点となる選手。ゾーンプレス戦術で重要なポジション。
リベロ:ポジションの位置的な縛りを受けず、自由に動く選手。
スイーパー:ディフェンダーとキーパーの間に位置し、守備において最終的なケアをする選手。
ウィング:フォワードを3トップにしている時の両翼に位置する選手。
ユーティリティープレイヤー:複数のポジションをこなせる選手。(ポリバレント)

戦術関係
トータルフットボール
ポゼッションフットボール
ムービングフットボール
サイドアタック
カウンター・アタック
カテナチオ
マンツーマンディフェンス
ゾーンディフェンス
プレスディフェンス
ラインディフェンス
フォアチェック
リトリート
ゾーンプレス
オフサイドトラップ
バイタルエリア
パワープレイ
3バックシステム
スイーパーシステム
ダブルボランチ
技術関係
キック : ボールを蹴ること。
ヘディング : 頭でボールを叩いてパスやシュートを行うこと。
シュート : ゴールへ向かってボールを蹴ること。
ドリブル : ボールを蹴りながらボールとともに移動すること。
ラン・ウィズ・ザ・ボール : 味方からのパスなどをワンタッチでスペースへ出して、素早く走りこみボールに付いて行くこと。
パス : ボールを足で蹴るなどして味方選手に渡すこと。
トラップ : ボールを受け止めて、次の動きを行いやすい位置にボールを移動させること。
フェイント : 相手競技者にプレーの意図を読まれないようにするための動作。
ポストプレー : ゴールに背を向けて、相手選手を背負いながらボールをもらうこと。楔とも言う。
スクリーン : ボールを持っているときにボールと相手競技者の間に自分の身体を入れて、ボールを奪われないようにする技術。
ボディシェイプ : 競技者の動きと身体の姿勢を表す概念。ボールを持っているとき持っていないとき関わらず、常によいボディシェイプで視野を確保することがいいプレーをするために非常に重要。
フィジカル : 選手の能力の身体的な面。英語のphysicalが元。精神的な面の「メンタル」の対となる。持久力の高さ、体格の良さ≒競り合いの勝ちやすさなどに優れていると「フィジカルが強い」と表現する。
チャージ:肩などを使って自分の体を相手競技者の体にぶつけて押したりして、相手競技者のプレーを妨害する行為。しかし、肘より下の部分を使った場合や、過度に激しいチャージはファウルとなる。
オン・ザ・ボール : ボールを持っているときの動き。
オフ・ザ・ボール : ボールを持っていないときの動き。スペースを作る・スペースを使うために重要な動き。
オーバーラップ : 後ろにいる選手が前にいる選手を追い越す動き。或いはディフェンダーの攻撃参加のことをいう。
守備技術はディフェンス (サッカー)を参照

プレイ関係
ハットトリック : 1試合個人3ゴールを達成すること。元々はクリケットの用語。
アシスト : 得点につながったラストパス。
マリーシア : ずる賢いプレー。ポルトガル語で「悪意」という意味がある。
フリー : ボールを受ける際、近くに敵がいないこと。
スペース : 選手が誰もいない空間。
ギャップ : DFとDFの間にできる隙間。
削る : 相手の体力やパフォーマンスを削減するボディーコンタクト。意図的に行った場合はファウルだが、方法や程度は厳密でなく、ファウルとならない程度の上半身や腰・脚による激しいボディコンタクトを含む。公的・個人間で認識や見解が異なるので注意が必要。特にスパイクの裏ですね辺りを蹴ったり、膝を入れたりする事を表現する場合がある。激しく足をはらいに行く行為などを含む場合がある。
選手関係
キッカー : ボールを蹴る選手。転じて「上手にボールを蹴る選手」「プレースキックが上手い選手」を指すこともある。
ドリブラー : ドリブルをする選手。転じて「上手にドリブルする選手」を指すこともある。
パサー(パッサー) : パスを出す選手。転じて「上手にパスを出す選手」を指すこともある。
ストライカー : 積極的にシュートを打ち得点を決めるフォワードの選手
ファンタジスタ : トリッキーなプレーやアクロバティックなプレーをし観客を魅了する選手。
ハードワーカー : 味方のために激しく動き回って献身的なプレーをする選手。
守護神:ゴールを堅固に守ってくれる優秀なゴールキーパー。
エースキラー:相手チームのキープレイヤーの持ち味を消し、機能させないようにする選手。
カードコレクター : イエローカードやレッドカードを、主審から他の選手と比べてよく出される選手。
ダイバー : 故意に転倒しファウルを受けたと見せかけ、審判を欺くプレイ(ダイブ)を多用する選手。
ゴールセレブレーション : 得点を決めた後にその喜びを表現する事。日本では「ゴールパフォーマンス」ともいう。
その他
サポーター : サッカーファンの中でも熱心に自分の贔屓にしているチームを応援する人々。
フーリガン : 主に酩酊状態の暴力的なサッカーファンのこと。
ダービーマッチ : 同一都市に本拠地を置くチーム同士の対戦。
無観客試合
勝ち点
指揮官:監督のこと。
【監督名】政権:監督の就任期間。政治体制に似ていることが由来。
エスコートキッズ
ホペイロ : 用具係
フラッグベアラー : 国旗や大会旗などを持って入場する旗手

*** サッカー ***

他のフットボールと比較して、手の使用が極端に制限されるという大きな特徴がある。

1チームは基本11人。少なくとも7人以上いれば試合ができる。2チームが敵味方となり、1個のボールを主に足を使って移動させ、自チームのゴールを守りつつ、相手チームのゴールへと運ぶ。相手ゴールにボールが入ると得点が1加算される。試合は制限時間の満了によって終了し、時間内により多くの得点を記録したチームが勝ちとなる。

足を使うことが基本であるが、手と腕以外の部分であれば使って良い。手や腕でボールを故意に扱った場合は反則となる。各チームには1人だけ、ゴールキーパーというゴールを守る特別な役割のプレーヤーを置くことが定められている。ゴールキーパーだけが、自ゴール前の一定の領域(ペナルティエリア)内に限り、手を含む全身でボールを扱うことを許される。

*** サッカー ***

人類としての歴史が始まった頃から人類はある種のフットボールを行っていたと思われる。新石器時代(紀元前約1万年前)の現中国地域の地層から石の球が発見され、中国マスコミはこれをサッカーの起源として報道したが、蹴った証拠は見つかっていない。南米ではアマゾンの熱帯雨林からゴムが採れた為、早くからボールを蹴る競技が行われていた。パタゴニアやアンデスのインディオ文明からは、様々なボールや、ボールを蹴る競技の証拠が見つかっている(紀元前1500年チリのピリマタム、パタゴニアのチョエカ、紀元前800年メキシコのマヤ文明のポク・タ・ポク)。

足でボールを蹴る遊戯は、考古学的には、古代エジプト、古代ギリシャ、古代ローマから足でボールを蹴る人物のレリーフが発見されている(紀元前200年古代ギリシャのエピスキロス、紀元前200年古代ローマのパルパツウム)。中国では戦国時代に足で鞠を蹴りあう蹴鞠(しゅうきく)という遊戯が存在したことが、前漢末(紀元前一世紀)の「戦国策」に見える。

なお、FIFAのホームページでは最も古い形態のサッカーとして中国の蹴鞠(しゅうきく)を載せている。

文献や出土遺物でなく、現代まで人により伝承されているものとしては、中国の蹴鞠(しゅうきく)が日本に伝わり、独自の発達を遂げた日本の平安京の「蹴鞠(けまり)」が最古である。蹴を「け」、鞠を「まり」と読む。

ルール
フィールド
ボール
出場人数
用具
審判員
試合時間
プレーの開始・再開
オフサイド
ファウル及び不正行為
フリーキック
ペナルティーキック
スローイン
ゴールキック
コーナーキック
用語
サッカーの団体

Designed by CSS.Design Sample