*** バレーボール ***

*** ルール ***

6人制のルールは国際バレーボール連盟が、9人制のルールは日本バレーボール協会が定めている。ここでは6人制のルールについて記述する。

競技場
バレーボールコート長辺18m、短辺9mの長方形のラインが引かれたコートを用いる。その中央にはコートを二分する形でネットが張られている。ネットの高さは男子が2.43m、女子が2.24mと定められている。ネットからそれぞれ3mにはアタックラインと呼ばれるラインがある。コートの外には3m以上の空間(フリーゾーン)、天井までの高さは7m以上が必要とされる。

用具
ボール
ボールの色は均一で明るい色か、複数色の組み合わせとされるが、大会や試合では同一でなくてはいけない。円周は65-67cm、重量は260-280g、内圧は0.30-0.325kg/cm。現在、全国大会の取り扱いでは、0.31kg/cmに統一することとなっている。
ユニフォーム
ジャージ、パンツ、ソックスは全員がそろっていることが条件。リベロ・プレイヤーは対照的な色のユニフォームでないといけない。ユニフォームのナンバーは原則として1から18番を原則としているが、やむをえない事情があれば、1から99番まで使用することができる。数字の大きさは胸部が15cm以上、背部は20cm以上、字幅は2cm以上でなければならない。チームキャプテンは、胸のナンバーの下に長さ8cm、幅2cmのマークをつける。

チーム
1チームは、6人以上12人以内のプレイヤー、監督1人、コーチ1人、トレーナー1人、医師1人で構成される。前衛・後衛それぞれ3人、計6人で競技を行う。プレイヤーのうち1人をリベロプレイヤーとして登録することができる。(中体連・高体連主催の大会では、2名まで登録できる。) 但し、国内大会の競技要項により、部長、マネージャーなどがベンチスタッフとして認められることがある。 現在、全国大会やそれに準じる大会では、監督を含むベンチスタッフを置くには、コーチや指導者としての公認資格の有資格者がいることを条件としている。

競技形式
試合はラリーポイント制で行われ、国内の主な大会、国際試合は5セットマッチで行われる。

ラリーポイント制
サーブ権を持つチームの選手がサービスを行うことでボールの打ち合いが始まり、攻撃決定やミス、反則で打ち合いが終わる。これをラリーという。ラリーに勝ったチームが、1点を得ると同時に次のサーブ権を得る。
5セットマッチ
先に25ポイント(第5セットに限り15ポイント)を取ったチームに1セットが与えられ、3セットを先に獲得したチームが勝者となる。ポイントが24-24(第5セットは14-14)となった場合はデュースとなり、どちらかが先に2ポイントの差を付けるまでそのセットは続けられる。
タイムアウト
各チームは一回につき30秒間のタイムアウトをとることができる。各チームはこの間に作戦を練ったり、選手を休憩させるなどしている。タイムアウトの回数制限は両チームとも各セット2回ずつ。たとえ使わなくても、次のセットに持ち越すことはできない。 また、第5セット以外に両チームの内、8点と16点を先取した場合、自動的にプレイが止まる。これをテクニカルタイムアウトという。テクニカルタイムアウトの休憩時間は60秒間であり、これにより第5セット以外の各セットに最低2回プレイが止まる。

プレー中の動作
チームはネットを越えてボールを返すために最大で3回(6人制の場合、正当なブロックは一回として数えない)ボールに触れることができる。第1回目のレシーブやブロックの場合を除き、競技者は連続して2回ボールを打つことはできない。現行のルールではボールを返す際に体のどの部位を用いてもよい。

ポジションとローテーション
ローテーション各プレーヤーはそれぞれ次に示すポジションに就く。

前衛(ネットに近い側):左からフロントレフト(FL)、フロントセンター(FC)、フロントライト(FR)
後衛(ネットから遠い側):左からバックレフト(BL)、バックセンター(BC)、バックライト(BR)
後衛のプレーヤーはネット際でのスパイクやブロックを禁止されるなど、 ポジションに応じてプレーに制限がある。

ポジションはサーブ権を獲得するごとに時計回りに入れ替わり(これをローテーションという)、新たにバックライトに就くことになったプレーヤーがサーブを打つ。 ローテーションの順序は、 バックライト→バックセンター→バックレフト→フロントレフト→フロントセンター→フロントライト の順。

また、後衛のプレーヤーと何度でも交替できる選手リベロプレーヤーを置くことができる。 リベロプレーヤーは、 後衛のプレーヤーと交代してコートに入り、 ローテーションが進行して前衛にまわる前に元のプレーヤーと交代してゲームを離れる。 リベロプレーヤーの交代は、 ラリー中以外のときに 特にゲームを中断せずに行われる。 リベロプレーヤーには、後衛に課せられるプレー上の制限に加えて フロントゾーンでのトスや、ネットよりも上方でボールに触れて相手コートに返球することも禁止される。 リベロプレーヤーは 他のプレーヤーと異なる色のユニフォームを着用する。

主な反則行為
ダブル・コンタクト(ドリブル)
同じプレーヤーが連続してボールに触れた場合。ブロックと1回目のレシーブは除く。
キャッチボール(ホールディング)
ボールがプレイヤーの身体の一部で静止してしまった場合。通称ホール。
ボール・アウト
ボールがコート外に落ちたり、サイドマーカー(通称アンテナ、ネット付近でのコートの内外を示すネットに取り付ける棒)に触れたりその外側を通過して相手側コートに返った場合。
タッチ・ネット
ボールを直接プレーしようとした動作中、または、そのプレーの一部であったときにネットの上部白帯やアンテナに触れた場合。通称ネッチ。
ペネトレーション・フォールト(オーバーネット)
ネットを越えて相手側のコートにあるボールに触れた場合。自コート側に帰ってくることが確実なボールは除く。
フォア・ヒット(オーバータイムス)
自コートから相手コートに返球する間に4回以上ボールに触れた場合。ブロックは1回には数えない。
インターフェア
相手側のコートにあるボールに意図的に触れた場合や相手選手のプレーを妨害した場合。
ペネトレーション・フォールト(パッシング・ザ・センターライン)
プレーヤーがセンターラインを越して相手側のコートに入った場合。センターラインから踏み出なければ反則にならない。
ポジショナル・フォールト(アウト・オブ・ポジション)
サーブを打つ瞬間にプレーヤーが規定のポジションに就いていない場合。リベロ・プレイヤーの交代が正当でない場合にも適用される。
アタック・ヒットの反則 
バック・プレーヤーがフロント・ゾーン(アタックラインの延長線上よりネットに近い区域も含む)から跳び上がってネット上端より完全に高い位置のボールを相手コートへ返球した場合。
6人制と9人制の共通点と違い
9人制では、6人制と比較して、次のような違いがある。

一般男子はコートがやや広い。
ネットの高さがやや低い。
ボールはママさんバレーは白色とカラーボール(全国大会のみ白一色)、一般は6人制と同じ(6人制はカラーボール)
交代要員は3人以内(6人制では6人以内)。
3セットマッチ、21ポイントで1セット。
アタックライン、リベロ、ローテーションが無い。
プレー中、ネットにボールが触れた場合には、4打以内に相手コートに返せばよい。
サーブの打ち直しが1回に限り可能。
ブロックを1打に数える(6人制では1打に含まない)。
どの選手もスパイクを打てる(6人制では後衛の選手はアタックラインを越えてスパイクを打てないが9人制にアタックラインは無い)。
オーバーネットしない限り、サーブブロック(スパイクでも可)が有効(6人制では反則)。
技術・戦術の変遷
敵チームを欺き、ブロックを外して得点を決めるために、バレーボールでは様々な戦術が用いられている。これらの戦術は、得点が入り次のプレーが始まるまでの間に決められ、サインによって伝達される。多くの場合、セッターが司令塔を務める。

戦術が上手くいけば得点につながりやすい。しかし、戦術を実行するためには、レシーブしたボールがうまくセッターのところに行くことが大事で、ここを崩されると戦術通りの攻撃は実行できなくなる。相手から返ってきたボールをいかに上手く処理するかが、攻撃の成功のカギを握る。

ルールの変遷
考案された当時は、ボールを落とさないようにネット越しに打ち合う以外には特にルールは無かった。1910年頃に日本に伝えられた時には、4人×4人の16人で行われており、日本独自のルールとして、12人制ののち、9人制が普及した。国際バレーボール連盟では1947年に6人制の国際ルールを制定した。バレーボールの主なルール改正としては以下の物が挙げられる。

1965年 ブロックのオーバーネットの許容。
1977年 ブロックのワンタッチをカウントしない。
1984年 サーブのブロック禁止(FIVBロサンゼルス五輪総会にて)。
1989年 デュースであっても、第5セット以外は17点で打ち切りとなる。
1994年 サービスゾーンが、従来の右隅から3mの範囲から、エンドライン一杯(9m)に広がる(FIVBアテネ世界選手権総会にて)。
1995年 腰から下での打球の反則が無くなった。第1回目のレシーブのホールディング、ダブルコンタクトをとらない。
1998年 リベロ制の正式導入(低身長のプレイヤーにも活躍の可能性を目的としている)。カラーボールの使用が認められる。
1999年 サーブのネットインを認める。5セットマッチのラリーポイント制の導入(サーブ権ポイント制では試合時間が一定せず、テレビ放映権が売りにくかったことから、変更された)。デュースの際の勝敗は、2点差がつくまで無制限になる。
2007年 ネット上で両チームの選手がボールを押し合った場合も、プレー続行となる。(以前はプレーを止めノーカウントとした)
2009年 両足より上部の身体のいかなる部分が、相手コートに触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される(以前は両手などがセンター・ラインを超えて相手コートに触れると反則であった)。競技者が、ネットに触れても、相手のプレーを妨害しない限り許される。(以前はネットのいかなる部分も触ると反則であった。ネットに触れてもいいものの、わざとネットを引き下げアタックを打つ等の行為をすると、スポーツマンシップに反する行為として、罰則が与えられる可能性がある。)

*** バレーボール ***

ルール

用語 バレーボールから派生してできたスポーツ

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample