*** バレーボール ***

*** 用語 ***

技術に関するもの
サーブサーブ(サービス)
サーブには、手を下から振り出すアンダーハンドサーブ、ボールを高く上げてジャンプしながら強く打つスパイクサーブ(ジャンプサーブ)、ジャンプしないでコントロール重視で打つフローターサーブ、助走をつけて軽くジャンプしその後トスを上げて打つブロードサーブ、ジャンプしてフローターの動作で打つジャンプフローターサーブ、アンダーハンドで高く打ち上げる天井サーブなどの方法がある。

レシーブアンダーハンドパス
相手からの強い返球を低い位置で受けるときに効果的なプレイ。そのためレシーブと呼ばれることもあり、大別してサービスレシーブとスパイクレシーブの2種類がある。両腕を体の正面に伸ばして、片手でもう一方の手を軽く握り、手首の付近でボールを弾く動作がよく用いられる。低い位置のボールを受けるには都合が良い。その反面、ボールのコントロールは比較的難しい。
オーバーハンドパス
緩やかな速さのボールを、頭の上方で、両手でボールを軽く押し上げるような姿勢でボールを弾くプレイ。トスとも呼ばれる。コントロールを重視する次のアタックの前に行うことが多い。
スパイク(アタック)
跳躍しながらネット越しにボールを打つ動作がスパイクである。相手コートに叩き付けるように下向きに打つことが基本だが、相手のブロックにボールをわざと当ててコート外にボールを出したり、タイミングをずらして相手のブロックを避けてプレイする場合もある。

ブロックブロック
相手のスパイクに対してタイミングよくジャンプし、両手を上に伸ばして自分のコートにボールが打ち込まれることを防ぐ、またはその威力を軽減させるプレイ。3回で相手コートに返球することになっているが、ブロックはそのうちの1回には数えない。
フェイント
スパイクを打つように見せかけて、ボールを指先などで軽くはじき、ブロックに当てないように相手コートに落とすなど、相手が想定しないであろう動作で相手を翻弄するプレイ。
バランススマッシュ
両手を180度の状態に伸ばし、そのまま風車のように回転させ、打つスパイク。別名:ラウンドハウス・アームスイング。
戦術に関するもの
クイック攻撃(速攻)
トスを低く速く上げ、素早くスパイクを打つ攻撃。トスの上げる位置により、大きくA〜Dの4種類が存在し、セッターはこれらを使い分ける。Aクイックはセッターのほぼ真上のレフト側からの攻撃、BクイックはAクイックよりレフト側に離れたところ。Cクイックはセッターほぼ真上のライト側からの攻撃で、DクイックはCクイックよりライト側に離れたところからのスパイク。
オープン攻撃
トスを山なりに大きく上げ、そのタイミングに合わせてスパイクを打つ攻撃。時間的に余裕があり比較的強打が可能。しかし敵にとってもタイミングが合わせ易いという側面も持つ。また、セットアップが乱れる場合は時間的余裕を利用してオープン攻撃に繋げる事が多い。
セミ攻撃
トスをオープンより少し低めに、かつ少しセッター側に近い場所に上げ、スパイクを打つ攻撃。オープン攻撃とクイック攻撃との中間と言える攻撃プレイ。
平行
距離の長いBクイック。名前の由来は、ネットの上辺に沿ってほぼ平行にトスを行うことから。全日本チームが初めて披露した攻撃プレイで、新幹線ひかり号からの命名で『ひかり攻撃』と呼んだ。難易度は高いがブロックをかわし易い。
バックアタック
後衛のプレーヤーがアタックラインの後ろから行う攻撃。
パイプ攻撃
バックアタックの中でも、短いトスで速攻気味に中央から行う攻撃。
時間差攻撃
ボールに触れる予定の無い『おとり』のプレーヤーがジャンプすることで、相手のブロックのタイミングを狂わせる戦術。
一人時間差
スパイクを打つ選手が自らが本来のジャンプをする前にジャンプのフェイントを入れることで、相手のブロックのタイミングを狂わせる戦術。発案者は日本の森田淳悟。
移動攻撃(ブロード)
センタープレイヤーが、Cクイック・Dクイック・ライト平行の位置に走り、片足で流れながら打つ。セッターは長く低いトスを上げる。
ツーアタック
通常セッターがトスを上げるはずの2回目での攻撃プレイ。
プレイヤーポジション
バレーボールのポジション
ウイングスパイカー(WS)
オポジット(OP)
ミドルブロッカー(MB)
セッター(S)
リベロ(L)
レシーバー(R)
表・話・編・歴

ポジションを選手の役割によって分類したものをプレイヤーポジションという。

ミドルブロッカー
主にブロックをする人。
ウイングスパイカー
主にスパイクを打つ人。
セッター
主にトスをあげる人。
スーパーエース(オポジット)
セッターの対角のポジションでバックアタックも含め、常にスパイクを打つ可能性がある人。
リベロ
守備専門の人。ルールによって定められているポジションで、他の選手より行動に制限がある。
レシーバー
相手の返球時にブロックをせず、第2打のセッターでもない人を指す。リベロを除き守備専門というポジションはないことから、ポジションを現す言葉として使われることは少ない。
その他
チャンスボール
ボールの操作が容易な返球のこと。
バレーボール3大大会
オリンピック、世界選手権、ワールドカップのこと。
お見合い
ボールをふたりのプレーヤーが取りに行った結果、譲り合ってしまいボールを落としてしまうこと。
背番号
背番号の1はエース
背番号の下にラインが入っている選手はゲーム・キャプテン

*** バレーボール ***

ルール

用語 バレーボールから派生してできたスポーツ

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample