*** ゴルフ男子 ***

*** 世界 ***

左膝の故障で戦列を離れていたタイガー・ウッズが平成23年8月4日(木)開幕の「WGCブリヂストンインビテーショナル」に出場することが決まった。米国時間28日、自身のホームページで明らかにした。

「ボールが曲がるのはあなたのせいではありません。」【ゴルフ上達プログラム】

*** 日本 ***

日本男子も世界に通用する選手が数多く出てきています。


スポンサードリンク

*** ゴルフ ***

男子

女子

全米オープンゴルフ(ぜんべいオープンゴルフ)は、ゴルフの世界4大メジャートーナメント大会の一。正式名称はUnited States Open Golf Championship。アメリカのゴルフ競技団体全米ゴルフ協会主催で、毎年6月中旬に開催する地区を毎年変えて実施している。

この大会にはアメリカ国内の各地で1次・2次予選会があり、最終予選を通過した選手が出場資格を得られることから“オープン”と呼ばれる。地区予選会に出場するアマチュア選手のハンディキャップは「1.4以下」と定められている。彼らが世界各地の賞金ランキング上位選手や、世界ランキング上位選手たちと互角に渡り合って戦う姿は、全米オープン最大の見どころのひとつと言えよう。プロゴルファーに匹敵する力量を持ちながら、あえてプロの道を選ばずにアマチュアゴルファーの道を貫くベテランのアマチュア選手たちを見ることもできる。

全米オープンの開催コースは、大会の5年以上前から定められ、それに合わせてコース設定を調整していく。セッティングの特徴は、非常に深いラフと狭いフェアウェイであり、近年では優勝スコアをイーブンパーと想定してコースを作っている。マスターズを含む他のトーナメントが派手なバーディーの取り合いによるエンターテイメント性を否定せず、ミスはその後で取り返すことを許すのに対し、全米オープンは選手にひたすらパーを積み重ねることを要求し、落としたスコアを取り戻すのは困難を極める。メジャー大会の中でも、とりわけ選手たちの「忍耐力」が試され、「最強のゴルファー」に栄誉を与える大会と言える。それを象徴するかのように2006年、2007年と優勝スコアは5オーバーという結果であった。余りに厳しいセッティングは、選手から「ナイスショットを打ってもラフやバンカーにボールが飛び込み、フェアではない」との愚痴をこぼさせるほどである。

予選ラウンド終了時(2日目終了時)において、60位タイ以上、およびトップから10ストローク以内のプレイヤーのみが、3日目以降の決勝ラウンドに進むことができる(2008年)。

なお、72ホール(4ラウンド)終了時にトップが2人以上いた場合は、翌日月曜日に18ホールの合計ストロークで競うプレーオフを行う。(18ホールのプレーオフはこの大会のみ)18ホール終了してなお同スコアの場合はサドンデスに突入する。

第1回は1895年に開催され、途中戦争で中断された時期があった。

PGAツアー(PGA Tour)は、全米プロゴルフ協会(PGA・オブ・アメリカ)が運営する男子プロゴルフツアーである。

ツアー全体としては1月のSBS選手権から9月にザ・ツアーチャンピオンシップまでのフェデックスカップ、そして、11月までのフォールシリーズまでの期間が全体のスケジュールであり、途中、世界ゴルフ選手権や、ライダーカップ(偶数年に1回)、プレジデンツカップ(奇数年に1回)、マスターズ、全米オープン、全英オープン、全米プロなどが挟まれる。

マスターズ・トーナメント(The Masters Tournament)は、アメリカ・ジョージア州のオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブを会場に開かれている世界ゴルフ4大メジャートーナメント大会のひとつ。

概要 1934年にボビー・ジョーンズと友人で実業家のクリフォード・ロバーツの企画により「オーガスタ・ナショナル招待選手権大会」と題して開幕したが、1939年に当初ロバーツが考えていたものの、ジョーンズが嫌っていたマスターズというタイトルに変更された。

毎年4月の1週目の週末に開催される。出場選手は前年度の世界各地のツアーでの賞金ランキング上位者、メジャータイトル優勝者など。招待資格を満たす名手(マスター)たちしか出場できないことから「マスターズ」の大会は“ゴルフの祭典”として最も敬愛されている。1960年から公式戦(4日間ストローク)の前日にパー3コンテストが開かれている。

優勝賞金は開幕当初は特に定めないで、3日間の入場収入などを基に決定する(2008年は賞金総額750万ドル、優勝賞金135万ドル)。優勝者には優勝賞金に加えてグリーン・ジャケットが贈られ、オーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブの名誉会員となる。

他のゴルフメジャー大会は毎回開催コースが異なるが、マスターズは毎年同じオーガスタ・ナショナル・ゴルフクラブで開催される。このコースはとりわけグリーンの難度が高く、「オーガスタのグリーンには“魔女”が棲(す)む」とよく言われる。更にINの11番・12番・13番の3つのホールに至っては「神に祈る」と言う意味も込められたのかは分からないが別名・《アーメンコーナー》と言われて恐れられている。フェアウェイもアンジュレーションが大きく、バーディを狙うにはティショットを正確に理想的なセカンドショットのポジションに運ぶ必要がある。また、谷と森が作り出す気まぐれな風も起こる。こうした環境が、トーナメントの名の通り、名手に相応しい技術の持ち手を選ぶことになる。一方、ラフはセカンドカットまでとなっており、長いラフのセットとなる全米オープンとの違いが顕著に表れる部分である。

1961年に南アフリカのゲーリー・プレーヤーが優勝し、初のアメリカ人以外の優勝者となった。1975年にはリー・エルダー(Lee Elder)が黒人選手として初めて出場した。2009年にアルゼンチンのアンヘル・カブレラが初の南米勢優勝を果たした。

2005年の大会では、ゴルフの“帝王”ジャック・ニクラスがマスターズからの引退を表明した。最近になって歴代優勝者枠の出場年齢の上限が「65歳」と定められたが、以前はその規定がなかった。アーノルド・パーマーは74歳の2004年まで出場を続行したが、ニクラスは新規定に従って65歳でマスターズを引退した最初の歴代優勝者となる。優勝したウッズは「29歳3ヶ月」で4度目の優勝を果たし、30歳を迎える前に4勝を挙げた最初の選手となった。(4勝の時点でパーマーは34歳、ニクラスは32歳であった。)

一方、最年少の出場者は2010年に全英アマ優勝者の資格で出場した16歳11ヶ月の高校生マッテオ・マナセロ(イタリア)。1952年に17歳1ヶ月で出場したトミー・ジェイコブスの記録を更新した。また、マナセロはカットラインぎりぎりで予選通過を果たし、1967年に18歳10ヶ月で予選を通過したボビー・コール(南アフリカ)の最年少予選通過記録も更新した。

意外な伏兵が優勝することが多い他のメジャートーナメントと違い、ビッグネームが順当に優勝することが多い。これは毎年同じゴルフコースで開催されるという特性から、ベテランほどこのコースの経験を多く持っていることが原因と考えられる。だが、2007年大会は世界ランキング56位(当時)でツアー1勝しかしていないザック・ジョンソンが優勝し、大会史上初といってもいい伏兵の優勝となった。

4日間終了時点で1位が2人以上いた場合、プレーオフは、サドンデスによって争われる。以前は、翌日に18ホールのストローク・プレーや、4ホールのストロークで争っていた。プレーオフは18番と10番ホールで行われる。

全米プロゴルフ選手権(ぜんべいプロゴルフせんしゅけん、PGA Championship)はゴルフの世界4大メジャートーナメント大会の1つ。全米プロゴルフ協会(PGA OF AMERICA)主催で、アメリカ合衆国において、毎年8月中旬に開催する地区を変えて実施している。

第1回は1916年に開催され、ジェームス・M・バーンズ選手が優勝した。それ以降は1917-1918年、1943年の戦争による中止をはさみ毎年開催されている。当初は、マッチプレー形式で行われていたが、1958年からはストロークプレー形式に変更されている。

なお、この大会のプレーオフは3ホールのストロークプレーで行われる。

Designed by CSS.Design Sample