*** スキー ***

*** 必要な用具 ***

スキー板
ストック
スキーブーツ
ゴーグル
スキーウェア
スキーグローブ
帽子(ヘルメット)
プロテクター

*** 回転(スラローム、SL) ***

回転(かいてん)は、スキー競技またはスノーボード競技のアルペン種目の1つである。スラローム(英語: slalom)と呼ばれたり、SLと略される。バイク・車などに使われるスラロームと同じでジグザグの意味である。ここでは、スキー競技の回転について解説する。

コース
スタート地点とフィニッシュ地点との標高差は男子が180mから220m、女子が130mから180m。旗門数は男子最小55-3、最高75+3、女子最小45-3、最高60+3。このコースに2本一組になった赤と青の旗門が交互に立ち、対になった同じ色の旗門の間を滑り、タイムを競う。2回目も同じゲレンデを使ってよいが、旗門設定は変えなければならない。2回滑ってその合計時間で順位が決定する。

滑降やスーパー大回転、大回転においては両側の旗門を結んで雪上にカラーペイントを施して方向を示すことがあるが回転にはない。しかし最近のオリンピック、パラリンピックにおいてはポール外側を示す長さ1mほどのラインが施されている。このラインを踏み越すとコースアウト(旗門不通過)ということになる。

装備
カービングスキーの登場で、それまで2m近くの長さを使用していた板が、選手の身長以下に短くなるなど、技術や用具の変化がめまぐるしい競技である。現在ではスキーの長さは、男子が165cm以上、女子が155cm以上となっている。

可倒式ポールが使われるようになってから滑走技術が大きく変化し、「逆手(さかて・ぎゃくて)」と呼ばれる、体をポールの内側に大きく倒して、ターンの外側の手(スノーボードでは前方の手)でポールを倒していく技術が一般化している。このため、選手は手(ストック)とすねにプロテクターを着ける。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample