*** スキー ***

*** 必要な用具 ***

スキー板
ストック
スキーブーツ
ゴーグル
スキーウェア
スキーグローブ
帽子(ヘルメット)
プロテクター

*** 滑降(ダウンヒル、DH) ***

降(かっこう)は、アルペンスキーの競技種目の1つ。ダウンヒル(downhill)とも呼ばれる。アルペンスキーの競技種目の中では最もコースが長く、スピードも速い競技である。スーパー大回転と並んで高速系種目に分類される。競技の性格上経験が物を言う場合が大きく、ベテランの活躍するケースが多い。

1921年のイギリススキー選手権のためにアーノルド・ルンによって規則が作られたのが最初である。

滑降は、技術、勇気、スピード、リスク、コンディションの5つの要素によって特徴付けられ、コースはスタートからフィニッシュまで異なるスピードで滑り降りるようにしなければならないと規定されている。(国際スキー競技規則 702.2)

日本人では片桐幹雄・相原博之・千葉信哉・富井澄博が過去の代表的なレーサーであり、近年では富井剛志・滝下靖之がいる。アルペンスキーワールドカップにおける日本人選手の入賞は過去三度(当時の入賞制度)あり、1980年Wengen片桐13位1987年Furano相原9位1988年Lenkerbad千葉12位となっている。オリンピックでは1988年カルガリーオリンピックでの千葉11位が最高順位である。特にウェンゲンでの片桐の13位は、1位のケン・リード(カナダ)にわずか1秒50差に迫っており、日本人が滑降で最も世界のトップに近づいた数字として現在も残っている。

しかし、今日の日本では規定を満たすコース確保と日程確保(滑降の公式開催には最低限3日間のコース閉鎖が求められる=後述のように標高差の問題でスキー場のメインコースを使用する場合が多くつまり全面閉鎖ということになり営業面での打撃が大きい)が困難なことと、ソルトレークオリンピック以降は成績低迷を理由に全日本ナショナルチームから滑降をメインとするスピード系チームが消滅してしまい、それまで細々と行われていたレースもすべて開催意義がなくなったこともあり完全消滅してしまった。現時点に於いて日本国内では公式非公式ともにまったく開催されていない。

滑降の装備はそのスピードという最大の特徴から、空気抵抗の低減と生命の安全の二大要素から構成される。ストックは選手が脇に抱えてクローチングフォームをとる際、外方向に広がらずバスケットが背中に隠れるよう体側を沿うように曲げられている。平滑はスパンデックス生地のワンピーススーツはクローチングフォームに最適化し立体裁断されており極力皺が出るのを抑えられている。ただし、体形のアウトラインに変更を及ぼす空力付加物をウェアに細工する事は禁止されており、事実上パッドなどは取り付けられない。頭部を保護する有効なヘルメットの装着が義務付けられている。

安全性を高めるために、2010年現在、スキーの最小ターン半径を男女45メートル、長さを男子は215cm以上、女子は210cm以上と規定されている。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample