*** スノーボード ***

*** ウィンタースポーツ ***

スノーボード(snowboard)とは、一枚の板上に、両足を斜めまたは横向きに置き、雪のついた斜面を滑るスポーツ。またその板。スノーボードをする人をスノーボーダーと言う。

最大の特徴は、非対称、横乗りのサイドウェイスタンススポーツだということ。軸足を前に、利き足を後ろに置く。左足が前になるレギュラースタンス、右足が前になるグーフィースタンスがある。右手利きが多いように、グーフィーよりレギュラーの割合が多い。ちなみに、利き手と利き足は左右一致しないことがある。

「スノーボード」という名称は、アメリカとカナダを中心とした北米スノーボード協会が発足した時、新しいスポーツのジャンルとしてスノーボードという名称に統一したことに始まる。1970年代まで、同じく「スノーボード」という名称の雪上を滑るボブスレーのような競技が存在していたが、一般には普及しなかった。

英語で"snowboard"は「スノーボードする」という動詞であるため、名詞として使う場合は"snowboarding"と言うことが多い。また、1980年代の一時期、アメリカの玩具会社が"Snowboard"の商標登録を持っていたため、"snoboard"という表記も当時よく見られた。

もともとはサーフィンやスケートボードを雪山でも、といった楽しみ方をされていたが、既にスキー場という娯楽施設が整備されていたため、その環境にも適応すべくスキー製造技術を取り入れていった。圧雪された斜面での滑走性能が上がり、現在では整備されたゲレンデで滑るのが一般的となったが、ゲレンデ外(オフピステ)の雪山を滑るバックカントリースノーボードも人気である。人工的に管理された範囲外での滑走となるため、より高度な滑走技術だけでなく、雪崩のリスクマネジメント、応急手当など、安全に関わる知識を学ぶことや、ビーコンなどの専用の装備が必要である。ビッグマウンテン、狭義にはエクストリームなどとも呼ばれる。

*** 競技 ***

大きく、アルペン、フリースタイル、スノーボードクロス(ボーダークロス)に分けることができる。

アルペン(AL)(旗門競技) [編集]旗門で規制されたコースを滑走してタイムや着順を競う種目。用具は主にアルペンスタイルを使用する。空気抵抗の少ない服や、特にスラロームでは旗門接触時の衝撃を和らげるために足にプロテクターを着用することが多い。スーパーG以上の高速種目はスノーボードの特性と合わないこともあり、ほとんど開催されていない。

スラローム(SL)
デュアルスラローム(DU)
パラレルスラローム(PSL/PS)
バンクドスラローム
ジャイアントスラローム(GS)
パラレルジャイアントスラローム(PGS)
スーパーG(SG)
ダウンヒル(DH)
日本国外ではフリーカーブ、ユーロカーブとも呼ばれる。

ハーフパイプ フリースタイル(FS)
構造物を使用しないグラウンドトリックの競技会などもあるが、キッカーやハーフパイプ、クォーターパイプ、ジブアイテムなどを利用することがほとんど。用具は主にフリースタイルを使用する。

ハーフパイプ(HP)
ストレートジャンプ(SJ)/ワンメイク(OM)/ビッグエア(BA)
クォーターパイプ(QP)
レールジャム
スロープスタイル(SS)
スノーボードクロス(ボーダークロス、SX、SBX、BX)
スノーボードクロスは、セクションやオブスタクルと呼ばれるキッカーやウェーブ、バンクなど複数の構造物のある、旗門で規制されたコースを滑走し、タイムを競ったり、同時にスタートする複数名による着順を競う種目。用具はアルペンスタイル、フリースタイルどちらでもかまわない。競技者同士の接触や転倒がよくあるため、通常、ヘルメットなどのプロテクター着用が規定されている。

そのほか
滑りの完成度や美しさなどを競う、テクニカル、基礎系、技術系、フリーライド(FR)などと呼ばれる競技がある。用具はアルペンスタイル、フリースタイルどちらでもかまわないが、採点基準が異なるため、カテゴリー分けされていることが多い。

過去の国際大会や全日本スノーボード選手権において、モーグル(MO)が開催されたことがある。

有名な競技会
スウォッチTTRワールドスノーボードツアー
正統性、オープン性、革新性を基本理念とし、世界最高級のスノーボード競技環境を創造することを使命とするライダー中心の非営利組織で、現在もっとも大きなフリースタイルイベントのツアーとなっている。TTRはThe Ticket to Rideの略。2002年の国際スノーボード連盟の破綻を受け、ミュンヘンで行われたISPO(国際スポーツ用品見本市)でテリエ・ハーコンセンと業界のイノベーター達によって創設された。アメリカ合衆国、ノルウェー、韓国、中国、オーストリア、スイス、イングランド、日本、ロシア、フランス、イタリア、トルコ、フィンランド、スウェーデン、アンドラ、ベルギー、オランダ、ドイツ、オーストラリア、ニュージーランドほかの国で、1から6個の星によってランクづけされたイベントを開催している。1シーズンにおける個人成績の高い方から8大会を取って平均し、その平均成績トップの男女1名ずつがチャンピオンとなる。

BURTONグローバルオープンシリーズ
ヨーロッパ、アメリカ合衆国、日本、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドなどで行われている。日本では、2007-2008年シーズンまではニッポンオープンの名称で親しまれてきた。2008-2009年シーズンより、アジア全域で急増するスノーボーダーを惹きつけるため、規模を拡大、名称もアジアオープンへ変更。

その他
the Air & Style、The Oakley Arctic Challenge、The Honda Session、Chevrolet Grand Prixなどもある。

オリンピック
冬季オリンピック
1974年のブラジルIOC総会ではすでに協議されていた。1998年の長野大会からの正式種目化が決まったとき、国際オリンピック委員会は、国際スノーボード連盟ではなく国際スキー連盟を統括団体と決定した。現在もスキー競技としてのスノーボード種目となっている。当時3回のワールドチャンピオンに輝いていたテリエ・ハーコンセンをはじめとするスノーボーダーの中には「スキーヤーではない」との思いから出場をボイコットした者もいた。また、「国のために大会に出るのではない」とする意識から、ハーフパイプ競技は競技者から嫌忌されることもある。
全日本スキー選手権大会
冬季オリンピック出場を目指す選手の登竜門となる。
そのほか
エックスゲームズ
アメリカ合衆国で行われる賞金額の高いエクストリームスポーツ競技大会。ほかのスポーツのワールドカップが世界最高レベルなのとは異なり、こちらの方が競技レベルが高いと言われる。
TOYOTA BIG AIR
1997年、日本初のISF公認ストレートジャンプコンテストとして開催。歴史ある大会で、毎年北海道テレビ放送が主催、冠スポンサーはトヨタ自動車。
X-TRAIL JAM
2001年から12月に東京ドームで行われている世界最大級の屋内スノーボード競技会。「音楽とスノーボードの融合」を掲げ、クォーターパイプ、ストレートジャンプを連日で二日間開催する。アーティストのライブも実施。2008年大会後、休止。
JSBAナショナルチャンピオンシップ
全日本選手権の上位者とPSA ASIAのトッププロしか出場が認められていない、真の日本一を決めるイベント。
PSA ASIAスノーボードプロツアー
ポイントレースであるCrowns Eventは、1から6個のクラウンでランク付けされた競技会がある。JSBAのプロトライアル有資格アマチュア選手の参加を認めた競技会やプロアマオープン競技会もある。このほか、ノーポイントの特別競技会であるInvitational(国際級インビテーショナル)とAsia Open(エキジビション)によって構成されている。
JSBA全日本スノーボード選手権大会
日本国内でアマチュア最高峰の大会。各地区大会と全日本学生スノーボード選手権大会の上位入賞者に出場資格が与えられている。

*** ゴルフ ***

男子

女子

Designed by CSS.Design Sample